抗がん剤を投与するなら必ず把握しておきたい副作用について

がん治療に必要不可欠な存在

最近では肺がんや大腸がんなど様々な癌を患う人が増えていますが、がん治療に欠かせないものとなっているのが、抗がん剤です。抗がん剤はどのような効果があり、どのような副作用があるのでしょうか。

抗がん剤の現状と未来について

ナース

抗がん剤による副作用の対策法

抗がん剤の副作用による苦しみは軽減することが可能です。病院から処方される薬でも対処できますし、自分でも対処することができます。

READ MORE
ウーマン

抗がん剤の進化

抗がん剤治療は年々進歩していて、今では主流となっている分子標的薬によって、副作用を抑えた抗がん剤治療が可能になっています。

READ MORE

新着情報

[PR]

肺がんの悩みを解決♪
治療と免疫力の向上を同時に行なえる!

抗がん剤による主な副作用

女医

がん治療で重宝されている抗がん剤

がん治療として一般的に行なわれているのが、細胞の増殖を防ぐ抗がん剤を用いた治療です。手術や法線治療は、局所的に効果がある治療ですが、抗がん剤は広い範囲への効果があります。そのため転移がある時、転移を予防する時などにも活用されています。

大きな副作用に注意

がん治療に欠かせない抗がん剤治療ですが、注意しておきたい点が、大きな副作用があることです。細胞や細胞の中にあるDNAに障害を及ぼす作りになっているので、がん細胞だけではなく、正常な細胞も攻撃を受けてしまいます。そのため造血細胞が傷ついて出血を起こしたり、毛根細胞が傷ついて脱毛を起こしたりするのです。

副作用は個人差がある

特に起こりやすい副作用としては、吐き気や脱毛白血球の現象などがあります。使用する抗がん剤によって、起きる副作用は異なりますし、症状の種類も個人差があります。抗がん剤の副作用は、がん細胞を死滅させるためには、避けられないものです。だからこそ、治療する前に正しい知識、情報を見に付けておく必要があります。

起きる時期

抗がん剤による副作用は、時期によって現れる症状が異なります。投与日は、主にアレルギー反応は嘔吐、発熱などの症状が現れます。2日~1週間ほど経過すると、疲労やだるさ、食欲不振、下痢などの症状が出始めます。1週間~2週間後は、口内炎や食欲不振、骨髄機能の抑制などの症状が出ます。そして2週間後には、脱毛や手足のしびれ、膀胱炎などが起こります。

主な副作用

吐き気、嘔吐

吐き気、嘔吐の症状は、脳内の神経が抗がん剤によって刺激されることで起こります。放射線治療と抗がん剤治療を併用すると、食道や胃に粘膜炎を起こしたことが原因で、吐き気や嘔吐が起こるケースもあります。

下痢

下痢は、腸管粘膜が抗がん剤によって刺激を受けたり、消化管の粘膜が障害されたりすることで起こります。

感染症

健康な人の正常な白血球の値は「2,000~8,000/μl」です。しかし抗がん剤を投与すると、白血球の数が減少してしまうため、感染症を引き起こしやすい状態になってしまいます。

手足のしびれ

手足のしびれは、神経障害によるものです。ただしびれるだけではなく、手や足の感覚が鈍くなってしまうので、傷と火傷に気をつけなければなりません。長引きやすい副作用で、1年以上続くこともあります。

脱毛

髪が抜ける抗がん剤と抜けない抗がん剤があります。髪だけではなく、体毛や陰毛なども脱毛します。治療が終われば、3ヶ月~半年後に毛が生えてきます。精神的負担が大きい症状ですが、病院で精神的サポートを受けて、負担を軽減することもできます。

広告募集中